toggle

講師紹介

石川直樹

写真技術を習得するのは容易だが、写真について考えを深めていくのはそんなに簡単ではない。
普段は当たり前すぎて思い返すことなどないことを、もう一度ゼロから思考し直す必要があるからだ。
でも、だからこそ思いがけないことに気づく。
ぼくは「フォトアーキペラゴ写真学校」を、学びの場である以上に、気づきの場になればいいと思っている。

石川直樹 プロフィール 

写真家
1977年東京生まれ。
2000年、Pole to Poleプロジェクトに参加して北極から南極を人力踏破。
2001年、七大陸最高峰登頂を達成。人類学・民俗学にも関心を持ち、行為の経験としての移動・旅などをテーマに作品を発表。
写真集に土門拳賞を受賞した『CORONA』(青土社)著書に開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。
2013年秋からヒマラヤ写真集シリーズ『Qomolangma』『Lhotse』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を連続刊行。
2016年12月から2017年2月にかけて、初の大規模個展『この星の光の地図を写す』を水戸芸術館にて開催。
2018年4月〜6月 高知県立美術館で巡回展『この星の光の地図を写す』を開催中。

石川直樹公式サイト
http://www.straightree.com/
石川直樹公式ブログ<Fot Everest>
http://www.littlemore.co.jp/foreverest//