toggle

冊子『PHOTO ARCHIPELAGO』Vol.04 発刊!

フォトアーキペラゴせとうちが刊行している、冊子『PHOTO ARCHIPELAGO』。
その最新号となる04号を発刊しました。編集長は、写真学校の講師である石川直樹です。


巻頭では、写真学校にゲストとして訪れた写真家の真鍋奈央さんと石川直樹の対談。第三回入江泰吉記念写真賞を受賞した記念に発刊した写真集『波を綴る』についてお聞きしました。

インタビュー第2弾の「Talk About Photograph」は、戦後の釜ヶ崎と沖縄を写し取り土門拳賞を受賞した写真家・砂守勝巳さんの娘で、作品の管理をしてる砂守かずらさん。砂守勝巳さんの展示は、3月から東京・大阪のNikon THE GALLERYにて開催されます。監修は石川直樹です。

そして巻末のスペシャルインタビューは、石川直樹に、2019年春に発刊した写真集『日本列島 香川』について聞きました。

その他、連載となるフォトアーキペラゴ受講生の作品も紹介。 写真作品のあり方を考える贅沢な1冊となっています。
【巻頭特集】
◎CROSS TALK
石川直樹(写真家)× 真鍋奈央(写真家)
◎Talk About PHOTOGRAPH 04
写真を受け継ぐという使命/砂守かずら
◎Special Interview
石川直樹/香川との関係性を撮る
【連載】
◎Review/PHOTO、BOOK
◎Report/フォトアーキペラゴ写真学校 第4期修了作品展
◎写真虎の巻 其の四
◎宮本常一が撮った瀬戸内 vol.03


B5変形版 全36ページ 800円(税込)
2020年2月発行
編集長:石川直樹
発行:一般社団法人フォトアーキペラゴせとうち
2020-02-22
関連記事